マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
理想のPDA

初出:2005年03月30日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: PDA・システム手帳
シリーズのインデックス: 理想のPDA


今現在、Linux Zaurus SL-C760 を使って居ることは、既に書いたが、PDA として正しい使い方をして居るとは言い難い。私の PDA 歴は、Zaurus の前に Palm m100 を使っただけなので、PDA について精通して居るわけではないが、少なくとも私の Zaurus の使い方の大部分が PDA として間違って居ることは分かる。

本来の PDA として、正しい使い方は、やはりスケジュール等の個人的な情報管理ツールだと思う。そう言った使い方の場合、携帯性が重要になるのだが、Zaurus SL-C760 の携帯性が万全ではない。

もう少し、重量が軽く寸法が薄いとワイシャツのポケットにも入って携帯性が良くなると思う。そのためにはキーボードが無くても良い。また、画面表示も問題だ。SL-C7XX の画面は、640x480 の VGA の超微細表示は良いのだが、暗くて昼間の野外では全く使いモノにならない(SL-C1000 や SL-C3000 の画面はどうなんだろう?)また、バックライトに無駄に電力を食って居るようにしか見えない。どうせ、超微細表示にしても、肉眼の限界を超えて居るんだから、320x240 の QVGA で十分だから、消費電力が少なくて、明るい方が良い。

消費電力の話が出たんで、関連で話をすると、Zaurus のバッテリーのもちの悪さは酷すぎる。 Palm m100 は、アルカリ単四が2本で2カ月もったぞ。まあ、カラーなんだから、リチウム・イオンなのは仕方ないとして、一回充電したら、2カ月くらいはもって欲しいものだ。普通に使って居ると一週間くらいで、バッテリーが無くなる。最近、バッテリーが劣化したようで、2日間位で駄目になる。バッテリーを買い替えると 8,400 円もするようで、結構痛い。

SL-C3000 には 4G の HDD が付いて居るが、PDA としての使い方に限定すれば、HDD は不要だろう。

こうして見ると、私にとっての理想の PDA は、最初の Linux Zaurus である SL-A300 に近い。強いて言うなら、 SL-A300 よりも「画面が大きい方が良い」「メモリーを多く、電源 OFF でもデータが消えないように」「USB のホスト機能を! それさえあれば、外部キーボードは幾らでも選び放題」「贅沢言えば、無線LANとカメラは内蔵して置いて欲しい」だろうか?

しかし、SL-A300 の後継機が出る可能性はあるのだろうか?
シャープから出て来るは、SL-CXXX 系列の Zaurus ばかり。それどころか、PDA 自体の市場が急速に縮まって居るようだ。結局、私だけではなく、Linux Zaurus を買った人は、正しく個人的な情報管理ツールとして使って居ないことになる。

ところで、今一度考え直してみると「正しく個人的な情報管理ツールの使い方」って、何だろう?
この書き込みでも、最初に「正しい使い方は個人的な情報管理ツール」と、さらっと流して書いて居たけれど、「理想の PDA」についてハードウエア的要件を並べてはみたら、「個人的な情報管理」の本質に逆戻りしてしまった。

本当に管理すべき「個人的な情報」って何だろう?
それを「どう管理」すべきなんだろう?

それが分かって、初めて「どう言ったツールが有効か?」、そして「有効なツール」としての「理想の PDA」になる。

「理想の PDA」とは何だろう?
考えれば考えるほど分からなくなってしまう。
inserted by FC2 system