マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
ロフトプラスワンで喋る

初出:2005年06月30日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: ウェブログ・ココログ関連

6月25日に、新宿歌舞伎町のロフトプラスワンでイベントがあって喋った。女優の藤谷文子さんとポストペットの八谷和彦さんが一緒。この二人の方が、私より、ずっと大物なので、気が楽だった。

藤谷さんは、色々と映画やマンガの SF 的な道具の事を、絶妙のタイミングで聞いて来る。流石、女優だ。八谷さんは、色々と目茶苦茶なモノを実際に作っては、試しているようで、そのビデオを見せられ、驚いてしまった。
二人の魅力で、あっと言う間に時間が過ぎてしまった。

しかし、私も、こう言うイベントに場慣れしたなあ。緊張感も全く感じなかったし。
ロフトプラスワンで喋るのも4回目(うち一回はネイキッド)だし、特に今回のようなパターンでは、宇宙に興味がある人が集まっているので、客層が SF 大会と似て居て、男が大半、女性がホンの僅かと言う構成で、楽だった。

実は、今までロフトプラスワンで喋った中で、一番緊張したのは、昨年の九月に出た時だ。
この時は、バンド怒髪天のボーカルの増子直純さんと藤谷さんが司会するイベントに、ゲストとして出た時だ。
前もって私が出ることは、一切公表しなかったので、集まった客は「宇宙に興味」とは無関係の人達で、増子さんと藤谷さんが目当てで来ている人達ばかりだ。特に増子さん目当ての客は、当然若い女性で、こう言った人達が、最前列を占めている。
こう言った人達の前で喋るのは、初めてで、話したことが受け入れられるか心配で、とても緊張した。
結局は、意外と受けて、結構面白かった。

「宇宙に関心がある人達」の前で喋るのも良いが、全く「宇宙に関心がない人達」の前で喋るのも緊張感があって面白い。
その内、ロフトプラスワンで、事前には公表せずに、誰かのトークのこっそりゲストとして出られるように、ロフトプラスワンの斉藤さんに頼んでおいた。

もちろん、そう言ったゲストだけでなく、ちゃんと名前を出すようなイベントも続けるつもりだ。
(今回は、珍しく「ブログ」=「日記」的な内容だなあ)
inserted by FC2 system