マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
50センチ級スチレンペーパー機・新ライトプレーン 完成

初出:2006年02月13日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: 趣味
シリーズのインデックス: 模型飛行機

以前から、早く作りたいと言って居たゴム動力機のオールスチレンペーパーの「ビーグル号」と、新ライトプレーンの「ダックス号」が、次々と完成した。

まず、一足早く完成したのが、オールスチレンペーパーのゴム動力機「ビーグル号」だ。

この機体、主翼は「へ」の字に折り曲げたスチレンペーパー、尾翼は単なるスチレンペーパーで、複雑なのはスチレンペーパーをチューブ状に加工した胴体くらいの簡単な構成だ。暇な時間さえできれば、すぐにできると思っていたが、やはり、作業に取り掛かれば、あっと言う間に完成した。実作業時間は 3日間程度のものである。

実際に作ってみると、胴体用のチューブを作るところも、そんなに難しくなく、全体としては「簡単に作れた」と感じた。目標質量が 40 グラムに対し、完成質量は 33 グラムしかなく、軽くできた。

先の土曜日は、最近には珍しく風も無く暖かい日だったので、早速いつもの公園に出かける。

まず、手投げで滑空させると、頭から突っ込み気味だった。主翼取り付け部の前縁にカイモノを挟み、再び投げると、ちゃんと滑空した。

次は軽くゴムを巻いて投げてみる。
動力飛行中は激しくピッチング。ダウンスラストが足りないと判断し、プロペラ取り付け部(プラグ)にカイモノを入れ、下に向ける。

今度は良くなった。軽く上昇した後、滑空に移る。特徴的な高いパイロンのお陰か、二重上反角のためか、滑空は安定している。
ただ、降下率は、やや高い気がする。この傾向は 35 センチ級のスチレンペーパー機の時もあった。大型化して少しは良くなったが、まだ不満である。野尻さんの言うように、空転ペラが空気抵抗になっているのか、パイロンの抵抗のせいか、はたまた、「へ」の字に折り曲げただけの主翼の性能が悪いのか、この時点では判断できない。

早くも、折りペラとかジェデルスキー翼とか作りたくなってしまった。

まだ、ゴムは半分も巻いて無い状態での飛行であったが、既に公園から飛び出しそうになったので、この日のテスト飛行は、ここまでとした。35 センチ級のスチレンペーパー機に比べると、機体が大きく性能も上がった分、広い場所が必要なようだ。


次に、新ライトプレーンの「ダックス号」が完成した。名前は、もちろん犬の種類から取った。
こちらは、真鍮製のコメタルの製作に少し時間がかかったが、それ以外は簡単だ。

写真のように、二本の胴体と翼端上反角、折りペラが特徴である。

全質量は、39 グラム。ビーグル号と比べると、ちょうど胴体用の角材一本分だけ重い。主翼は、翼端上反角だが、ビーグル号の二重上反角の主翼と、投影の形状・面積は同じにしてある。この主翼、形状が簡単になった分だけ軽くなると期待したのだが、わずか 0.5 グラムしか変わらなかった。

主翼と水平尾翼は、輪ゴムで取り付けていて、取り付け部のインターフェースはビーグル号とダックス号と同一にしている。だから、交換して性能の比較ができる。

ダックス号は、ビーグル号より一日遅れて完成した。翌日の日曜日は、前日とは変わって、強い北風の天気となった。とても 40 グラム未満のゴム動力機を飛ばす天候ではない。

残念ながら、「新ライトプレーン」の飛行報告は、来週以降になりそうだ。
inserted by FC2 system