マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
オールスチレンペーパー機と新ライトプレーンの飛行報告

初出:2006年02月19日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: 趣味
シリーズのインデックス: 模型飛行機

引き続いて、オールスチレンペーパー機「ビーグル号」と新ライトプレーン「ダックス号」の報告である。

今朝、起きると風が強い。飛行は諦めて工作を始めた。

「ビーグル号」に関しては、滑空時の降下率が悪いのは空転ペラのせいと断定できたので、折りペラの工作をした。
写真が完成した折りペラである。ブレードは、既成のプラスチック製の21センチ径の折りペラ(ダックス号で使っているものと同一規格)のもので、これに開閉機構部をピアノ線で自作した。なぜ、開閉機構部を自作したかと言うと、元々の折りペラは一本棒の胴体のライトプレーン用で、折り畳み時のブレード間の距離が無く、直径24ミリのビーグル号の胴体が収まらないからである。
しかし、ブレードの取り付け穴も空け直したので、これなら無理に既成の折りペラを使わなくても、普通の空転ペラを工作しても良かった気がする。
なお、回転シャフトは位置決めストッパーは付いていないので、必ずしも写真のように水平に止まるとは限らない。まあ、仮に縦位置で止まり着陸時にブレードが衝撃を受けても、軽いスチレンペーパーのビーグル号なので、プラスチック製のブレードが壊れる訳では無いので良しとする。
完成した折りペラだが、重くなることを覚悟していたのだが、実際に計ったら空転ペラと同じ重さだった。

昼飯を食べた後くらいから、風が無くなってきた。
早朝は風が無くても、だんだん風が強くなってくるのが普通だから、今日は正反対だ。

ビーグル号用の折りぺらも完成したし、ダックス号の主翼の修理やゴムの追加も終わっているので、2機とも持って公園に行った。
普段は早朝に飛ばすので、午後に模型飛行機を持って言ったのは初めてだが、公園に人が増えている。ゴムを巻いて飛ばすと、嫌でも家族連れの注目を受ける。中年男が、いい年して飛行機遊びなんで、恥ずかしい。

まずは、オールスチレンペーパー機「ビーグル号」である。
手投げで滑空させると、見違えるように滑空が良くなった。やはり、折りペラの効果は大きい。

次に、軽くゴムを巻いて投げる。どうも上昇が悪い。どうやら、この既成のプラスチック折りペラの共通的傾向なのかも知れない。直径が同じ21センチの空転ペラに比べると、ピッチがきつ過ぎるような回転をする。ビーグル号も少しゴムを増やすべきかもしれない。
とは言え、ちゃんと上昇し滑空し、気持ちよく飛ぶ。滑空性能は以前に比べると格段の差で良くなった。
でも、ダックス号の滑空を見た後では、それより悪い気がする。原因は、ビーグル号の高いパイロンが空気抵抗になっているためだと思われる。パイロンが無くてもロール安定が取れるのは、ダックス号でも証明済みなので、高いパイロンを取り去り、低くて抵抗の少ないパイロンに交換してしまおうかと思い始めた。この場合、野尻さんの忠告を聞いて、テールモーメントを十分に取れる場所に主翼位置を直し、ノーズに重りを付けよう。

次に、新ライトプレーン「ダックス号」だ。
ゴムは、1.5倍にして、7.5グラムにした。(ビーグル号は5グラム)
総重量は、42グラム弱になっている。
量が増えたので、ゴムを巻くと胴体がしなるのが、はっきり判る。恐いくらいだ。

軽く巻いて飛ばす。
ちゃんと飛ぶので、良い気になって、巻く回数を増やしながら、飛ばしていった。
三回めか四回めに、また、木に引っかかってしまった。

どうも、ビーグル号より、ダックス号は木が好きみたいだ。

と、冗談はさておき、本当の理由は、ビーグル号の方は、教科書通りに「右旋回上昇・左旋回降下」ができるからだ。だから、滞空時間のわりに直線距離は飛ばず、同じ場所で旋回する。
これは先週の土曜日、ほとんど無風の状態の内に調整しておいたからである。

それに対し、ダックス号は、まだ調整が済んでいない。調整できていないと言うより、調整している最中に、ちょっとした風に吹かれて木に引っかかってしまうのである。

どうも、ビーグル号にしろ、ダックス号にしろ、教育用としては性能が良くなり過ぎて来たようだ。教育の為には、もう少し「飛ばない」方が、狭い場所で飛ばせて良いかも知れない。

木に引っかかったダックス号を取るために、今日も軟式ボールを何回も投げる事になった。
昨日と違う点は、回りに家族連れが大勢居ることだ。
なかなか、恥ずかしい。
inserted by FC2 system