マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
メーヴェのようなモノ・・テスト飛行

初出:2006年05月27日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: ウェブログ・ココログ関連

八谷さんが作っている「メーヴェのようなモノ」の実機のテスト飛行が26日に行われたので見に行った。
「メーヴェのようなモノ」のテスト飛行は既に4月21日に一回目 が行われていて、今回は2回目の飛行である。

前回の飛行は、都合が付かず見に行け無かったが、なんとか都合を付け、今回は仕事を休んでも見に行った。前回のテスト飛行の写真を見るとグラスファイバーの胴体や翼前半部が薄青半透明だが、今回は真っ白に塗装してあり、美しく、イラストのように正に「メーヴェのようなモノ」になっていた。

さて、テスト飛行は、芝生のサッカーグラウンドで行われた。直線部は220メートルしかない。離陸前の助走や着陸後の停止のための距離を考えると、実際に飛べるのは100メートル足らずだ。

最終的には、ジェットエンジンを積み自力で離陸するのだが、まだ、ジェットエンジン無しで「グライダー」の状態での滑空試験である。
グランドの端に機体を置き、ゴムを付けて引っ張る。ゴムが延びて張力がかかれば、機体の固定を外して飛び上がる。ゴムパチンコの原理だ。

26日は、晴れ間こそ無かったが、風も無く絶好の試験飛行の天候だった。
私は「吹き流し」を持って、機体の近く、パイロットから見え易い場所に立っている役だった。
パイロットは八谷さん自身である。文字通り身体を張っての試験飛行だ。

最初、何回かは、調子が出ず、少しだけ浮く程度だった。
だんだんと、調子が出て来ると、高度も距離も出てくる。

「メーヴェのようなモノ」については、私も紙飛行機とは言え何回も飛ばし、安定性等の特性も判り、どう飛ぶか、頭の中でシミュレーションできているつもりだった。
だが、実際に目の前で飛ぶのを見るのは、想像するのとまるで違う。
やはり、人が乗って飛んでいるのを目の当りにすると感動だ。

この日は、全部で10回以上行ったが、高度4メートル程、距離90メートル以上は飛んでいた。
場所がもっと広ければ、高度も距離も、もっと飛んでいただろう。

次回以降は、場所を変え、さらに高度や距離を出すテスト飛行を行うそうだ。
その後は、ジェットエンジンを付けての飛行になる。
ジェットエンジンが付けば、日本では、MU-300 以来の民間開発のジェット機になるのだそうだ。
うーーん、八谷さん凄い!!

夜は、ロフトプラスワンで「ロケットまつり」のイベント。
テスト飛行の後片付けを終えた八谷さんも合流して、大いに盛り上がった。
inserted by FC2 system