マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
北海道旅行

初出:2006年06月20日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: 旅行・地域

6月12日(月)から6月17日(土)にかけて、北海道旅行に行って来た。勤続20年の特別休暇をもらったので、それを利用して旅行を楽しんだわけだ。

13日は、赤平にある植松電機で、CAMUIロケットの推力1/4スケールのモデルの燃焼実験や無重力実験用の落下塔を見学させてもらった。

ご存知の人も多いと思うが、北大の永田先生と植松電機の植松氏が、ハイブリッドロケットを作っており、ちょうど旅行期間中に燃焼実験をやると聞いたので見に行ったのだ。
また、植松氏は、無重力実験をやるために落下塔も作った。こちらは、6月23日に完成なのだが、既に落下実験していた。

とにかく、植松氏は、やる気満々で「民間で宇宙開発!!」と言っていた。(負けては居られんなあ・・)


14日は、苫小牧で苫小牧市科学センター・ミール展示館で、「ミール」コアモジュールと実験モジュール「クバント」を見た後、大樹町へ。
大樹町では、晩成温泉と言う駄洒落のような温泉に一泊。

翌日は、大樹町にある航空公園に行く。1キロの滑走路と巨大格納庫が凄い。

ここで、先のCAMUIロケットを7月末に飛ばす予定らしい。

と、休暇とは言っても、宇宙関係のところばかり行っていたわけだ。(行く先々で「出張で来たんですか?」と聞かれた・・・休み取って自腹っす)

とは言え、富良野のラベンダーや旭川に行ったり、小樽の運河や札幌の旧道庁(赤レンガ)の水彩画を描いたり、ちゃんと観光らしい観光もしているので、ご安心を。
inserted by FC2 system