マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
なかなか飛ばないビーグル鏡す

初出:2006年06月25日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: 趣味
シリーズのインデックス: 模型飛行機

どうも、ビーグル鏡す罎虜犬傍淦回する癖が直らないので、上反角のせいかと思い、二重上反角の主翼を作ってみた。

今日、テスト飛行をしたのだが、まだ調子が悪い。

最初の内は、急旋回する癖も無く、調子良かった筈が、何回か飛ばす内に、左旋回する癖が出始めた上、ノーズを下げて急降下する癖も出始めた。
気分も乗らないし、風も出てきたので、帰宅した。

帰宅後、落ち着いて、良く見てみると色々とビーグル鏡す罎北簑蠅あることが分かってきた。

まず、プロペラのプラグ(受けの部分)がバルサで作ったのだが、これは塗装も無しの生の木のまま使ってる。この部分が、草地の「露」を吸って重くなるのだ。
乾燥した状態で、重心位置を合わせているが、水を吸うと重心位置が前になる。
そのため、最初はちゃんと滑空していたのが、何回か飛ばす内に、水分を吸って急降下するようになったらしい。

次に、胴体後部が折れている事を発見した。スチレンペーパーで作っていたので、良く分からなかったのだが、左側に折れている。
何故、何時折れたのか、全く分からない。しかし、これでは左に急旋回するのは当り前だ。
前述のように、胴体後部が折れた原因は不明だが、靴紐に引っかけるストゥージのせいかもしれない。
ビーグル号では、一度胴体後部を破壊した後は使っていなかったが、ビーグル鏡す罎任郎能蕕ら、ずっと使っている。

うーーん、これじゃマトモに飛ぶわけない。

まずは、プロペラのプラグにクリアラッカーを塗って防水にし、胴体後部を補修して修理した。

次の週末こそは、ちゃんと飛ぶようにしたい。
inserted by FC2 system