マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
ubuntu と Debian

初出:2006年12月31日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: パソコン・インターネット
シリーズのインデックス: Linux

Linux のディストリビューションとして注目されている ubuntu を試してみた。

インストールしたパソコンは、Windows 2000 と Debian Linux Sarge をデュアルブートできるようにしていたものだ。
このパソコンの Sarge は、正式リリース前にインストールしたもので、アップデートは続けて居るもののファイルがゴチャゴチャになって来たので、なんとかしようと思って居た。

今回、Debian のパーティションを全て消して、ubuntu を入れてみた。雑誌「Linux World 2007 年 1 月号」つまり休刊号に付いて居た ubuntu 6.10 の日本語版 CD-ROM から、インストールを試みた。

CD-ROM からパソコンを起動すると、あっと言う間に gnome 画面まで立ち上がる。そこから、インストラーを起動し、HDD の空きエリアにインストールする。インストールに要する時間は 20 分程度。操作は、ほとんど必要ない。

ubuntu がインストールしやすい Linux だとは聞いて居たが、これほどとは思わなかった。日本語版フォントも見やすく綺麗だ。gnome は慣れて居ないが、使って慣れるか、使い慣れた KDE を追加すれば良いと思って居た。

と、ubuntu が良かったのは、ここまでである。
ubuntu は正常に起動できるのだが、デュアルブートできるはずの Windows 2000 が、起動できない。
HDD の MBR に入れた GRUB (デュアルブートできるブートローダ)を消しても駄目だった。
色々試した結果、結局、ubuntu がインストールしてあるパーティションを消さない限り、Windows 2000 が、起動できない事が判った。情況証拠としては ubuntu が不利なのだが、確実に本質的な原因とは言い切れない。

本質的な原因は未だに不明だが、これ以上時間をかけるのは無駄と判断し、ubuntu を消して空いた領域に改めて Debian Linux Sarge をインストールすることにした。もちろん、リリース版の Sarge の最新のものであることは言うまでもない。

インストールしたら、ちゃんとデュアルブートで、Windows 2000 と Debian Linux Sarge のどちらでも起動可能だ。デュアルブートは ubuntu と同じく GRUB で行って居る。にも係わらず、Sarge で正常なのが、ubuntu
では上手く動かないのは何故だろう。

話題の ubuntu を使う機会を逃したのは惜しい。だが、新たに Sarge を入れ直す切っ掛けになったのだから、良しとしよう。

今回インストールした Sarge はカーネルを 2.6 にした。今まではデフォルトでインストールされる 2.4 を使って居た。私の普段の使い方では、カーネル 2.4 で困ることはない。しかし、新しいデバイス等はカーネル 2.6 にしか対応しないものも増えて来て居るので、そう言ったものにも挑戦していこうと思う。
inserted by FC2 system