マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
KNOPPIX Linux

初出:2007年02月10日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: パソコン・インターネット
シリーズのインデックス: Linux


Windows Vista がリリースされた。だが、個人的には、価格の面や安定性の面で、当面導入するつもりは無い。Vista の売りの一つの 3D デスクトップも役に立つのか、物凄く懐疑的だ。だが、本当のところ使ってみないと判らないものは判らない。
私の周りの誰も Vista を入ないので、ちょっと試すこともできないなあと思って居たら、KNOPPIX Linux がバージョンアップされ、3D デスクトップが入った事を知った。もちろん、無料である。

早速、CD イメージをダウンロードし、CD-R に焼いた。パソコンを CD-ROM からブートする。
起動の時「boot:knoppix dosktop=beryl」とオプションを入ると、3D デスクトップが使える。
3D デスクトップはグラフィックカードによっては動かないとなって居たため心配したが、全く問題なく動作した。本格的な導入の前に、CD-ROM ブートで 3D デスクトップが使えるかどうか、確認できるのは大変良い。

初めて使う 3D デスクトップとは言え、普段使っている KDE と同じ操作で使える。アプリケーション・ウインドウを開いたり綴じたり、移動したり最小化すると面白い効果が現れる。また、4つあるデスクトップを切り替える時、立方体状に画面が並びクルクルと回る。

いやあ、これは面白い。
画面の切り替えの時に、クルクル回るのは愛嬌がある。
ただ、面白いのは面白いのだが、実用性があるかどうか判らない。

しばらく使ってみようと、KNOPPIX Linux を HDD にインストールしようと思った。だが、KNOPPIX Linux は、CD ブートのみに特化された Linix なんだそうだ。
ネット上を調べたら、KNOPPIX Linux を HDD にインストールすることは全く不可能ではないらしい。
だが、配布元の意向に反して、HDD にインストールすることは失礼だ。

残念だが、やはり、Debian Linux Etch の正式リリースを待つか。
inserted by FC2 system