マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
薄型大画面テレビ

初出:2008年08月03日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: ウェブログ・ココログ関連

家電メーカーの4ー6月期の業績は、薄型テレビなどの売れ行きが好調だと、ニュースで言っていた。
本当に薄型大画面テレビは売れているのだろうか?

我が家のテレビは、ブラウン管である。もちろん、アナログであり、ハイビジョンではない。それどころか、平面でもワイド画面ですらない。録画の方も相変わらず VHS だ。
我が家族とて、プラズマや液晶と言った薄型のテレビが欲しくないわけではない。だが、昔から使っているテレビが壊れたわけでも無いのに、買い換えるのは何となくもったいない。それに使える金があるのなら、教育費などの育児関係や、掃除機、ガス台と言った生活必需品を優先するだろうし、仮に嗜好品(贅沢品)にまわせても、自動車やパソコン等に使う。実際、テレビ観ているよりも、パソコンで動画観ている方が多いし。
結局、いつまで経っても、テレビは買い換えられる事無く、遂に最近では、画面に「アナログ」の文字が表示されるに至った。

こんな家庭の事情は、むしろ例外的で、一般的には、地デジ対応の薄型大画面テレビの普及が進んでいるんだろうなあ・・・と思っていたら、それを覆すような事が起きた。
先日、友人5・6人と集まったときの話である。集まったメンバーが、全員、私と同じく、薄型大画面テレビに買い換えていないと言うのだ。
この時のメンバーは全員男、独身も居れば、私のように妻子持ちも居る。年齢的には、35歳〜48歳。私のように技術系の人も居れば、アーティストもあり、漫画・アニメ系の人も居れば、音楽映像関係の業界人まで居ると言う状態だ。業界人に「今時、フルハイビジョン観てないと仕事にならないんじゃないの?」と聞くと、「当然、職場にはあるけど、自宅は昔のまま」とのこと。そう言や私だって、放送衛星の打上げ業務をしたけど、未だかって衛星放送受信したことないものなあ、個人的には。

後で、この話をすると、「あなたの友達なのだから、普通と違うんじゃないの?」との事。
でも、私を始め、結構、早いものに手を出す人たちだぞ。私は、ウォークマン、レーザーディスクやCDプレーヤーと、出現から直ぐに買いそろえたし、パソコンなんか時代を数年は先行していたからね。私以外のメンバー全員、そう言った新技術に鼻が効く人ばかりだ。
もう一つ、面白い共通項に気が付いた。実家の親が薄型大画面テレビを持っているパターンが多いのだ。つまり、我々の世代よりも、一世代上の人たちは、薄型大画面テレビを買っているらしい。

もちろん、友人が6人ばかり集まったからと言っても、サンプル数が少なすぎて、正確な事を言えないだろうとの意見もあるだろう。だが、6人全員が同じ状態と言うのは、十分、有意性があると思えるのだ。

例えば、私の友人と同じくらいの世代・性別の人が薄型大画面テレビを持つ確率が50パーセントなら、6人全員が持っていない確率は、1/2の6乗つまり1/64に過ぎない。1/64となると、偶然とは言い難いのではないか?
逆に計算すると、0.89の6乗=約0.5なので、89パーセント以上の人が『薄型大画面テレビを持っていない』と初めて、6人全員が持っていない確率が50パーセントを超える。
統計学を学んだ人から見れば、もっとちゃんとした計算方法があると思うかもしれない。が、こんないい加減な計算でも、やはり、80パーセント以上の人が、『薄型大画面テレビを持っていない』と推測できる。少なくとも私の友人と同じくらいの世代・性別の人が・・だ。もちろん、サンプルの母集団が偏っているとの指摘はもっともだ。

年齢的には、35歳〜48歳の男性と言えば、こう言った物を買うリーディング的な集団じゃないのだろうか?
そう言った人たちが、買っていないと薄型大画面テレビの市場って成立するんだろうか?
もっと言ってしまうと、地デジのフルハイビジョンの市場だ。

そこで考えて、思いついてしまった。
我々よりも一世代上の人たちは薄型大画面テレビを買っている。これらに価値を見出している。
この世代は、現在の日本の社長なり会長なりのリーダー的世代の人たちの世代だ。
今から50年前にテレビが登場したときに衝撃を受けた世代だ。
この世代の人達が、「地デジ」何かのビジネスモデルを考えたんじゃないんだろうか?
「従来のテレビが見れない状況に追い込まれたら、皆、テレビを買い換えるだろう」って。
それよりも下の世代が、それほど大きな価値をテレビに見出していないとも気付かないで。

まあ、全て、私の憶測だが。
inserted by FC2 system