マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
粘土

初出:2008年09月15日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: 趣味

私は、一応人工衛星のデザイン=設計が専門だ。
英語で「デザイン」は技術・工業的な設計も意味するのだが、日本では「デザイン」を「姿・形を決める事」つまり「スタイリング」の事だと思っている人が多い。実際、ほとんどの場合、技術・工業的な設計の際に、ある程度は姿・形を決めざるを得ないので、まあ、「スタイリング」の要素があっても良いわけだ。

建築物などでは、どんなに機能的に優れても、客が恰好悪いと思えば売れないので、スタイリングとしてのデザインも重要だ。自動車の場合、客が恰好良いと思うだけじゃなくて、空力的な性能も姿・形で左右されるので、かなりスタイリングの重要性が高い。

ところが、人工衛星の場合、誰も見ていない宇宙で使うので、恰好良いか悪いか関係ない。また、空力も関係ない。だから、今まで、「デザイン」を生業にしていたが、「スタイリング」の勉強はしていなかった。

とは言え、そう言った事に興味が無いわけではない。工業デザインでも、例えば、ニコン F3 のように、カメラのような工業製品に、ジウジアーロがデザインすることもある。この時、粘土を使って形状を作る時があり、クレイ(粘土)モデルと言うらしい。

一度、クレイモデルを作ってみたいと思っていた。だが、普通の油粘土では柔らかすぎて上手くいかないし、手がベタベタする。フィギュアの原型に使うと言うファンド(石粉粘土)も試してみたのだが、これは硬化(乾燥)に時間がかかるし、一度使った粘土が二度と使えないし、余った粘土が乾燥して直ぐに使えなくなるので不経済だ。

そうこうしている内に、古本屋で「モデリングテクニック」(1991年)を見つけて買った。この本にはクレイモデルの作り方が書いてあって、そこを読んで初めて「インダストリアルクレイ」と言う専用粘土があることを知った。(何を今更って言う人も多いでしょうが、ご勘弁を・・・)

渋谷の東急ハンズに売っていると言うので、行ってみると、「new アルテ 65」「new アルテ 57」「セリオ」と言う三種類がインダストリアルクレイと言って置いてあった。アルテ 65 と 57 は、柔らかくなる温度の違いだそうで、摂氏 57 度で柔らかくなるアルテ 57 でも大変そうなので、「new アルテ 57」と常温でも柔らかいと言う「セリオ」を買ってきた(ネットで調べたとき、アルテ 57 は相当前に製造中止と書いてあったけど、東急ハンズに何本かあった・・・)

で、まずはアルテ 57 を試したのだが、これで体温で十分柔らかくなる。逆に「セリオ」は柔らかすぎてだめ。
いっそ、アルテ 65 も買ってくれば良かった。

まあ、とにかくアルテ 57 で、適当に形状を作ってみたのだが、こりゃ楽だ。石粉粘土より、ずっと速い。手もベタベタしないし。もう少し硬い方が良いかもしれない。アルテ 65 買ってくれば良かったなあと再び。まあ、今年は残暑がひどいから、これから寒くなると、ちょうど良いかも。

インダストリアルクレイの場合、いくら良くても、所詮は油粘土だから、石粉粘土と違って永遠に同じ形を保つ分けでは無いので、シリコーンで型を取ったり、レジンで造形しないといけないから、それはそれで手間かも。

まあ、色々試してみるかな(って、そんな暇な時間は、あんまり無いんだが)

今さら、クレイモデルじゃなくって、やはりコンピュータで3次元ソフトだろう・・と思ったら、月刊CAD&CGマガジン2008年10月号で、Google SketchUp の特集をやっていたので、これまた買ってきてしまった。
面白そうなやることは一杯あるのだが、暇な時間が無い(いや、ブログ書いている暇があったら・・・・)
inserted by FC2 system