マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
Ubuntu の KVMで Debian Linux Sarge を動かす

初出:2008年09月21日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: パソコン・インターネット
シリーズのインデックス: Linux

以前、使っていたノートパソコンにインストールしていた Debian Linux Sarge を使う用事ができた。
実は、昨日の RUBY-KDE4 の続きなのだが、昔、 Debian Linux Sarge 上の RUby/Qt2 で作ったプログラムを Ubuntu 上の RUBY-KDE4 に移植する必要ある。ここで、問題になるのは、GUI ライブラリーが Qt2 から Qt4 にバージョンアップしていることと、日本語コードが EUC から UTF-8 に変更になっている点だ。

Ubuntu の RUBY-KDE4 上と Debian Linux Sarge の RUby/Qt2 上とで、プログラムの動作が同じになることを確認したいので、二つを並べて動作させたい。ところが、Ubuntu の方は現役だが、Debian Linux Sarge の方は、とっくにサポートの終了した OS で、インストールしていたノートPCにも、新しい Debian Linux etch をインストールしなおしている。
幸い、Debian Linux Sarge をインストールした 2.5 インチ HDD は、外して残しているので、ノートPCに入れ直せば、復活するのだが、いちいちドライバーで分解するのも面倒だ。

そこで、Ubuntu の KVM を使って、仮想マシン上で、Debian Linux Sarge を走らせる事にした。
具体的には、 KVM をインストールした Ubuntu パソコンに、USB 接続の HDD ケースに入れた古いノートPC用の 2.5 インチ HDD を接続して、HDD イメージを丸ごと吸い上げる。

$ sudo apt-get install kvm qemu
$ sudo vim /etc/modules
<< 「kvm-amd」(or kvm-intel)を追加 >>


一度、再起動する。

$ sudo dd if=/dev/sdd  of=~/hdd.img conv=noerror,sync    << /dev/sdd の部分は、ドライブの認識順序によって異なる >>
$ sudo chmod 666 ~/hdd.img
$ sudo chmod 777 /dev/kvm
$ kvm -m 384 -hda ~/hdd.img -no-acpi -usb -soundhw es1370 -localtime


これで、一応起動するのだが、このままだと、Xウインドウが起動しない。これは、元々入っていたノートPCと Ubuntu KVM 上での仮想マシンとグラフィックインタフェースが異なるからだ。そこで、仮想マシン上の /etc/X11/XF86Config-4 を修正:

     Driver          "siliconmotion"

Driver "vesa"
に変更する。


これで、仮想マシンを再起動すると、X ウインドウも含めて、正常に、Debian Linux Sarge が動作する。
元々のノートPCのスペックが低い(CPU:セレロン 450MHz メモリ:192M バイト)ので、デュアルコアを使っている Ubuntu の KVM 上で動いている方が軽快なくらいだ。

$ sudo chmod 777 /dev/kvm
$ kvm -m 384 -hda ~/hdd.img -no-acpi -usb -soundhw es1370 -localtime -redir tcp:8080::80


等と起動すると、仮想マシンの Debian Linux Sarge で動作している Web サーバー(Apache) に、ホストの Ubuntu から、「http://localhost:8080/」でアクセスできる。たいしたものだ。

ただ、同じ 2.5 インチ HDD にデュアルブートで、Windows 98SE も乗せていた。これも起動できれば・・と思っていたが、こちらの方は全く起動しなかった。ちょっと残念。
inserted by FC2 system