マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
LOOX U のタッチパネル

初出:2009年01月17日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: パソコン・インターネット
シリーズのインデックス: Linux

前回のコンテンツでは、Ubuntu 8.10 のインストールまでは上手くいったが、肝心のタッチパネルを使うと、線がガタガタになって絵が描けないと言うところまで書いた。実は先週のうちに、この問題は解決したので、報告する。

まず、Synaptic で evtouch」をインストールした後、ターミナルで以下の操作をする。
$ cd /etc/hal/fdi/policy/
$ sudo cp /usr/share/hal/fdi/policy/10osvendor/50-Fujitsu.fdi .A
$ sudo vim 50-Fujitsu.fdi

として、編集し、
         <merge key="input.x11_options.maxy" type="string">976</merge>

の次に、以下の一行を追加する。(この行を追加しないと線はガタガタになるが、アイコンのタッチだけに使うなら問題ない)
         <merge key="input.x11_options.movelimit" type="string">1</merge>


ここで、一度再起動する。
キャリブレーションは、「設定」「システム設定」「Calibrate Touchscreen」 と実行し、 最初のダイアログは「OK」ボタン押して消す。
次に画面が灰色になる。画面の四隅をタッチしたのち、エンターキーを押す。 左上から、×マークが赤くなるので、順次赤くなった×マークを合計9箇所クリックする。×マークの赤は見えにくいので、注意。
×マークを9箇所クリックするとダイアログが再び出てくるので、「OK」ボタン押して消す。
もう一度、再起動すると、キャリブレーションが反映される。

一応、GIMP などのペイント系ソフトで絵が描ける。ただ、GIMPは高機能過ぎるせいか、動作が遅く、小さな画面にはツール類が煩すぎるので使いにくい。軽いペイント系のアプリでレイヤーが使えるものを探しているのだが、まだ良いものが見つかっていない。

話題は変わるが、前回、USBメモリからの起動で 1GBだと起動できるが、2GBだとできないと言ったが、BIOSの設定の問題だと判った。なんとBIOSからは、1GBのUSBメモリは、ちゃんとUSBメモリと認識されるが、2GB以上のUSBメモリはUSB HDDと認識されるのである。BIOSで、USB HDDから起動するように設定すると、何の問題もなく起動できるようになる。
inserted by FC2 system