マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
デジカメを買った

初出:2009年02月07日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: 趣味

コンパクト・デジカメを買った。その前に買ったデジカメは、6年前に買った Panasonic LUMIX DMC-FZ1 で、200万画素・光学12倍ズームのものだった。どうも最近このデジカメの写りが悪い(レンズ内部にカビが生えたか、光軸がずれたんじゃないかと思う)のと、コンパクトカメラのわりに重く大きく携帯性が悪いので、新たにコンパクトデジカメを買うことにした。
買ったのは、写真のオリンパス FE-360。800万画素・光学3倍ズームのもの。最近は、コンパクトデジカメでも1000万画素級が主流になっているようで、そのせいか、パソコン屋で安売りしていた。でも、小さなサイズのCCDなら、800万どころか600万画素でも十分だと思うのだが、どうなんだろう?
少なくとも私には800万画素もあれば、ありすぎくらいあるので、買うことにした。以前のデジカメよりズーム比が小さいが、子供も高校・中学生となり、運動会も行かなくなるで、携帯性を優先した。
むしろ、オリンパスの場合、xDカードを使うことが気になっていた。デジカメ本体が幾ら安くてもメモリカードが高価なら意味が無いからね。でも、micro SD も使えるというので、買うことにした。とにかく、micro SD や SD は、とっても安いからね。

で、買って帰って、箱を開けてビックリ。てっきり、デジカメ本体にメモリカード用のスロットが、xD と micro SD 用の二つが開いていると思っていたら、xD 用だけだった。その代わり、付属に写真のような黄色い micro SD から xD への変換アダプタが付いているだけだった。
後日、人に話したら、結構有名みたいだった、この話。
でも、いい加減、オリンパスも諦めて、SD 系に変えてしまえば良いのに。往生際が悪い。フジもだけど。
inserted by FC2 system