マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
エイプリル・フール

初出:2009年04月02日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: ウェブログ・ココログ関連

昨日のブログ・コンテンツは、エイプリル・フールねたである。
信じてくれた人には、申し訳ない。とは言え、アクセス数は普段の4倍以上、ブログ開設以来最高の記録を叩き出した。(今回のアイキャッチ画像は再利用)

ネタとしては、「スタフォード大学」は「スタフォード大学」だし、「Shitsua Dano 博士」は私の名前、「Chii Uyu 博士と Lee Saa 博士」は笹本祐一さんと あさりよしとおさんの名前のパロディだ。また、「MlT」も「エム・アイ・ティー」ではなく「エム・小文字のエル・ティー」になっているので、注意。

とは言え、内容自体は、自己増殖型ロボット用の半導体製造技術だけが嘘で、後は偽りはない。
もちろん、Shitsua Dano 博士の「限定的自己増殖型ロボット」などと言う論文など実在しない。が、この「限定的自己増殖型ロボット」こそ、私自身が機会があれば、やってみたい研究なのだ。半導体等の電子機器は無理としても、それ以外の部分を自己増殖型・自己複製するロボットの研究は是非やってみたい。もちろん、電子機器の複製ができない場合、昨日のブログに書いた通りに、それが足かせに生ると言う欠点があるのは判っているが、それでも興味ある研究だと思う。

ロボットに関しては、二足歩行だ、ローバーだ、ロボットアームだと色々言われるが、これらも面白いとは思う。けど、「自動化・自律化=>究極の姿が人工知能であり機械が心を持つこと」と「自己増殖・自己複製」こそがロボットの究極の課題だよね。
そして、これらができれば、本当に世界が変わると思う。

やってみたいな、自己増殖型ロボット。
inserted by FC2 system