マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
ぼくの夏休み

初出:2009年08月15日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: ウェブログ・ココログ関連

某有名ゲームシリーズの最新作じゃないけど、瀬戸内海の小島で夏休みを満喫してきた。
場所は、大三島。尾道と今治を結んでいる瀬戸大橋「しまなみ海道」中の一つだ。水軍の伝説も、ちゃんとある。

四国側から入ったので、大島、伯方島、大三島の順で三番目の島である。

まず、四国の今治から瀬戸大橋に入ると、今治と大島を結ぶ巨大な吊り橋が見えてくる。
と、橋の脇に、細くて大きなループが見えてきた。海沿いの道から登ってくるループだから、数十メートルの高さだろう。この橋、自動車は高速道路のみだから、一体なんだろうと思ったら、自転車道だ。
巨大な吊り橋の中央レーンは自動車専用だが、両側に歩行者と自転車の走れるレーンが設けてある。
しかし、あの細くて、大きなループを何十メートルも自転車で登って来たら、疲れるだろうし、高所恐怖症の人は、たまらんだろうな。むしろ、下りの方が怖いか? もしもブレーキが壊れたら・・と思ったら。

次の島は、伯方島である。かの「伯方の塩」で有名な島だ。この伯方島にかかる橋にも自転車レーンがある。どうやら、しまなみ海道の橋には全て自転車レーンがあって、本州と四国を自転車で渡ることができるらしい。そう言えば、明らかに夏休みに自転車ツーリングしていると思われる人が沢山居る。サイクリングマニアには、有名な場所なんだろうか?

次は、大三島だ。伯方島と大三島を結んでいる橋は、そんなに大きくない。大三島に宿をとっているので、島の中の海水浴場で泳ぐ。
瀬戸内海は綺麗で、波も無い。瀬戸内海を大阪湾と同じくらい汚いと思っている人がいるようだが、瀬戸内海は西に行くほど綺麗だ。尾道〜今治くらいまで来ると、流石は国立公園と言えるほど美しい。ポニョの舞台になったのも尾道のちょっと東くらいらしい。

浮き輪につかまって、ぼぅっと浮かんでいると、息子が水をバシャバシャかける。至福のひと時である。
inserted by FC2 system