マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
SmartQ5 ファームウエア V5

初出:2009年09月26日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: PDA・システム手帳
シリーズのインデックス: 理想のPDA Linux

SmartQ5 ファームウエアが V5 にバージョンアップした。
さっそく入れてみると、Ubuntu 9.10 ベースになっていることにビックリ。
冒頭の絵は、Ubuntu 9.10 のマスコットのコアラ (Karmic Koala)のつもりだ。
ちなにみ、Ubuntu はバージョン毎にマスコットがあり、SmartQ5 ファームウエア V4以前のマスコットはヒポグリフ(Hasty Hippogriff)と言う架空の動物だった。Hastyは、Ubuntu 8.04 鷺 (Hardy Heron) のARMに対応した非公式派生型だった。9.04 以降 Ubuntu も正式に ARM に対応したので、今回は SmartQ5 ファームウエアも Ubuntu 公式版がベースとなっている。で、鷺(8.04)から、ヤギ(8.10)やウサギ(9.04)をすっ飛ばして、コアラになったわけだ。ただ、9.10 は、x86 版も未だリリースしておらず、見切り発車となっているため、安定性などに不安が残る。

私は、メインマシンも Ubuntu を使っているのだが、9.10 は初めてだ。実は、x86 メインマシンでは、8.10も9.04も試した挙句、8.04 に戻した経緯がある。8.04 は LTS と言って長期サポートを前提とした2年毎のバージョンアップ版であり、8.10 や 9.04 のように半年毎にバージョンアップするものより安定性が違う。やはり、実用で使うとなると先進性よりも安定性が重要だ。

SmartQ5 ファームウエア V5 も安定性が課題だが、どうだろう。ネット上での評判も動作が鈍いなど、決して良くは無いようだ。だが、短期間しか使っていないが、ファームウエア V5 は、それほど悪くはないと思う。冒頭のコアラのイラストもファームウエア V5 上で rgbpaint で描いたものだが、実は、ファームウエア V4 で同じく rgbpaint を使って絵を描いた場合、ハングアップが多発して、絵を仕上げるまで耐えたことは一度も無かった。それに比べて、一発目で絵が描き上がったファームウエア V5 の方が遥にましと言えるだろう。

ファームウエア V5 は SmartQ Ver5 firmware Download からダウンロードしたファイルを使うだけで、V4 までと同じだ。

日本語化のコツとしては、
・ /etc/apt/sources.list の変更はない。
・ 「apt-get upgrade」してはいけない。
・ /etc/default/locale を以下のように設定する。
LANG="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL="ja_JP.UTF-8"
LANGUAGE="ja_JP:ja"

# apt-get update
# apt-get --purge remove language-pack-zh-hans fcitx abiword
# apt-get install scim scim-anthy anthy
# apt-get install language-support-input-ja
# cat /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo > /etc/localtime

とすると、本体の 1G フラッシュ領域に何とか日本語変換までインストできる。
これ以降のアプリケーションのインストは、SDカードに行うようにした方が良いだろう。

ファームウエア V5 の登場で、前回のコンテンツ「Ruby-GTK2 の野良ビルドに成功」が時代遅れになってしまった。ファームウエア V5 ならば、
# apt-get install ruby ruby-gnome2
で、ruby-gnome2 がインストできるからだ。

ところで、SmartQ5 と関係ないけど、Moblin V2 も一昨日リリースされた。しかし、相変わらず GMA500 は未サポートのままだ。インテルはやる気あるのかなあ??
inserted by FC2 system