マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
背景がボケるアダプタが欲しい

初出:2010年07月17日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: 趣味

昔、ニコンF3で撮った写真を見ていて、改めて今のデジカメには、背景ボケが無いことを実感した。
一般的に、背景ボケを出すには、受光素子が大きい事が必須と言われている。だから、フル35ミリ規格のCCDやCMOSを持つ EOS 5D や D700、いっそ 1Ds MK3 や D3X に大口径レンズを付けるのがベストって言うことになるのだが、そんな高いカメラを買っても重くて使わないだろう。第一、1000万〜2000万画素を超える高画質が私に必要とは思えない。

デジカメで撮った写真は、多くの場合、パソコン画面やフォトフレームで観るか、ブログに張り付けるかで、昔のようにプリントすることはほとんど無い。パソコン画面やフォトフレームの場合、フルスペックHD画質でも200万画素だし、プリントだって、サービス判程度なら、200万画素もあれば十分だろう。ブログに至っては35万画素だ。

実は、背景ボケを出すには、受光素子が大きい事が必須ではない。必須なのはレンズの口径だ。同じ焦点距離(正確には35ミリ換算の焦点距離)、同じF値 のレンズの場合、受光素子が大きいほど、レンズ口径が大きくなるので、そう言った誤解(?)が生まれるのであろう。

背景ボケとレンズ口径の関係については、 これ とか これ(firefoxのみ) に書いておいてある。

だから、背景ボケを出したいだけなら、無理に受光素子を大きくする必要はない。焦点距離 18mm F0.3 なんてレンズがあれば良いのだ。むちゃくちゃな数値だが、「回折限界を狙うような解像度重視ではない」「イメージサークルが小さい」「明るい必要はない」など、今までのレンズと要求が違うので、不可能ではないだろう。

むしろ、イラストの様に「1倍コンバータ」なるものをコンデジに付ける方がいいかも。
こう言った商品が売られているかと、ネット上を探したが無かった。
誰か、画質は問わないから、「1倍コンバータ」を作ってくれないかなあ・・・
inserted by FC2 system