マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
Ubuntu 11.04 と Unity

初出:2011年05月21日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: パソコン・インターネット
シリーズのインデックス: Linux

Ubuntu 11.04 がリリースされたので、Loox U/C30 にインストしてみた。
GMA500用のグラフィック・ドライバで手こずったが、どうにか動作した。(GMA500用のグラフィック・ドライバのセッティング方法については、もう少し安定してからアップするつもり)

で、噂の新ユーザーインターフェースの Unity を試してみた。
元々、Netbook Edition から出てきただけあって、小さい画面のネットブックに向いている。
左の画像をみると、GNOME2 と Unity では、表示できる範囲が違うのが判るだろう。
Unity では、下のパネルだけではなく、アプリケーションのタイトルバーやメニューバーまでもが省略されて、その分、表示範囲が広がっているのだ。また、上パネルはアプリケーションのタイトルバーになっている。


GNOME2の上のパネルは「タスクの起動」、下のパネルは「タスク切り替え」の機能を持つのだが、これが無くなると困る。Unity では、マウスを左上に持ってくると、左図の上のように画面の左端に「タスクの起動と切り替え」を行うアイコンが表示される。
また、アプリケーションのメニューは、マウスを上に持ってくると、左図下のように上部パネルがメニューに変身する。

なるほど。面白い。
まだ、大画面でのデスクトップ環境で Unity を試していないが、少なくとも小画面だと使いやすそうである。
inserted by FC2 system