マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版
オープンハード・オープンソースの超小型オシロスコープを買った

初出:2012年12月24日 元々のブログ・コンテンツへのリンク
カテゴリーのインデックス: STM32

自分へのクリスマスプレゼントに超小型オシロスコープ DSO Quad を買った。千石電商で19,500円だ。
超音波風向風速計とか、いろんな電子回路を作るのに、やっぱりオシロくらい欲しいと思ったんだよね。と言うか、私のような人が、今の今までオシロを持っていなかった方がおかしいか? (ずっとテスタ、それも秋月で1000円で買ったものだけ)

この DSO Quad、小さめの携帯電話より更に小さい超小型だ。超小型のオシロは 2年ほど前から千石のトラ技の広告に載っていたけど、当時は、入力2チャンネルで、サンプリング周波数が 1MHz しかなかったので、買っていなかった。最近になって、4チャンネル入力でサンプリング周波数 73MHzのバージョンも出ているのに気付いて、購入することにした。(購入後、調べたら、4ch 73MHzのバージョンは去年から広告に載っていた。単に私が気付いていなかっただけだ)

まあ、4チェンネル入力とは言え、アナログ2ch、デジタル2chなのだが、それでも極端に安いので、たいした品質ではなかろうと、あまり期待もせずに購入した。そうしたら、期待とは全く違うものだったことが判った。期待を下回ったのではない。期待以上のものであったのだ。

期待以上と言っても、品質が良いわけではない。デジタル用のプローブのうち1本は直ぐにコネクタが外れてしまった。(ネット上を調べたら、このデジタル用のプローブが極めて評判が悪く、コネクタが外れるのは当たり前らしい。まあ、だましだましでも使えないわけじゃないので、諦めるか・・)
また、使用説明書も紙一枚だけで、英語を読んでも使い方が良く判らない。

使い方をネットで調べているうちに、DSO Quad がとんでもないものだと判った。なんとハードもソフトも公開されていてその上改変自由のオープンハード・オープンソースだ。DSO Quad は、STM32を中心にして、FPGAを使って高速でアナログデータをサンプリングしている。この回路図もFPGAの内部プログラムもSTM32のプログラムもネット上で公開されている。
STM32を始めた頃に「STM32を使って、アナログデータを取り込み、オシロにするオープンソース・オープンハードがある」って噂に聞いたんだが、これがそれだったか! やっと繋がった。前述の1MHzサンプリングの2chのバージョンは FPGA を使わずに直にSTM32のADCで入力しているようだ。(詳細まで調べたわけじゃないけど)

期せずして、オープンハード・オープンソースを体験することになってしまった。正直、DSO Quad は、オシロとしては最低レベルだが、使い物にならないわけではない。コストから考えて、この値段で、それなりに実用になるオシロが購入できるだけでも凄い。
逆に、超音波風向風速計をオープンハード・オープンソースで開発しようと思っているが、DSO Quad の品質で販売できるところまで持って行くと言うのは、それなりに大変だと思う。どうやら、ケースのデザインも公募したようで、そう言ったボランタリーベースの協力で、こう言ったものを作ることができると言うのは大したものだ。

ユーザーの立場で言えば、DSO Quadを改造し、少しでもDSO Quadの進歩に協力するかと言えば、それは「クエスチョン」だ。回路図やプログラムのソースコードが公開されており、その上、ネット上には幾つもオリジナルなアプリケーションソフト(例えば、周波数特性とか)が公開されているにも関わらずだ。
曲がりなりにも「STM32使い」の私が二の足を踏むには、主に2つの理由がある。
(1) 使用しているSTM32F103だ。私が普段使っているSTM32F4とSTM32F103では内部が異なり、プログラムが共通化できない。
(2) 曲がりなりにも実用に使っているものを改造する気になれない。
つまり、2ch版の DSO の CPUがSTM32F4に置き換えられたら、もう一台買って改造するか、今使っているDSO Quadが使い物にならないと飽きられた時・・ってことになる。それって、なんだかねぇ。2つ目の理由に至っては、「役に立たないことが改造の理由」って事かいな・・・嗚呼

図らずも、オープンハード・オープンソースのユーザー心理が判ってしまった。私のような我儘なユーザーを開発者として取り込むのは大変なんだなあ。
inserted by FC2 system